自然の赴くままに・そのときの 気分次第で・なんとなく

自分がその時その時に興味を持ったことを、なんとなく気の向くままに書いているブログです。

1月16日長野新幹線車両センターの状況

青空快晴の長野市。1月なのに雪もほぼなくて春先のような中、長野新幹線車両センターを訪問してきました。

W7の状況

残っていた車両も動きました。元々いた場所からは見えなくなりました。写真に写っているのはヘッドライトが点灯しているのがわかる通り、営業車です。

f:id:imaisato:20210116082211j:plain

W7の居なくなった長野寄り

そして、移動した W7 はどこに行ったかというと、つながったまま車輪転削庫に入っていました。奥の営業車と見間違いそうになりますが、建屋の右側に3両ほど飛び出しているのが見えます。

f:id:imaisato:20210116082341j:plain

車輪転削庫に収容されたW7

アップにするとこのような感じです。3号車は車体半分が車輪転削庫内です。

f:id:imaisato:20210116082457j:plain

W7の1号車~3号車の3両

留置線側から見ても、短くなったのがわかります。

f:id:imaisato:20210116082621j:plain

W7を留置線側から

つまり、この1週間で2両の解体作業は雪の影響関係なしに行うことができ、それに伴って奥のW7の両数が少なく4両になったので、アントで引っ張ってきたと言う感じのようです。そして、4号車はアントとつながって車輪転削庫内、そしてアントがいるので 3号車は車体半分外に出て、それに連なる2号車と 1号車が外にあるという感じです。

4号車は建屋内に屋根が見えます。

 

f:id:imaisato:20210116082911j:plain

4号車の屋根

解体中の車両

臨修庫奥の解体場所は 7号車 W725-307, 6号車 W726-307, 5号車 W725-207の 3両に変わりました。

f:id:imaisato:20210116083707j:plain

臨修庫奥の3両

W726-407は、多分臨修庫内で車体搬出解体待ちになっていると思います。

次の車体解体はW725-307、車体解体前のスタンバイ状態です。

f:id:imaisato:20210116083303j:plain

W725-307

W726-307は、窓ガラス外しが終わっていました。

f:id:imaisato:20210118112136j:plain

W726-307

W725-307は、外観はまだ変化なしです。

f:id:imaisato:20210116083543j:plain

W725-207

これでE7系 / W7系で手つかずで車輪転削庫線にあるのは、残り4両になりました。

留置線の状況

今日も検修庫1番線からの出発を見送りつつ、留置線の状況を確認。

f:id:imaisato:20210116084150g:plain

出庫

朝から7時台までの間に、留置線にある列車はみんな出発していきます。残りのは検修庫内の1本のみ。

f:id:imaisato:20210116084309j:plain

出庫待ちは残り1本

さっぱりした留置線になりました。

f:id:imaisato:20210116084437j:plain

留置線の状況

現在の長野新幹線車両センターの状況はこのような感じです。

f:id:imaisato:20210116084515p:plain

長野新幹線車両センター 1月16日見たまま

一時期は、解体待ち車両がひしめき合っていた臨修庫前後と車輪転削庫前後も、前者は見えている解体中3両で、後者は解体待ちが4両。120両あった廃車の終わりが見えてきています。

解体待ちと解体済みの一覧

現在の水没 E7 / W7 の状況です。解体された順番に並べています。赤字は解体済み、黄色字は解体中、緑字は残されている車両、解体待ちの編成は解体順に現在の編成状態で書いてあります。 (W2 がオリジナルの編成の状態と異なります。)

【解体】

F10:E723-10, E726-110, E725-10, E726-210, E725-110, E726-310, E725-410, E726-410, E725-210, E726-510, E715-10, E714-10
F7 : E723-7, E726-107, E725-7, E726-207, E725-107, E726-307, E725-407, E726-407, E725-207, E726-507, E715-7, E714-7

F14:E723-14, E726-114, E725-14, E726-214, E725-114, E726-314, E725-414, E726-414, E725-214, E726-514, E715-14, E714-14

F8 : E723-8, E726-108, E725-8, E726-208, E725-108, E726-308, E725-408, E726-408, E725-208, E726-508, E715-8, E714-8

F16:E723-16, E726-116, E725-16, E726-216, E725-116, E726-316, E725-416, E726-416, E725-216, E726-516, E715-16, E714-16

F1:E723-1, E726-101, E725-1, E726-201, E725-101, E726-301, E725-401, E726-401, E725-201, E726-501, E715-1, E714-1

F2:E723-2, E726-102, E725-2, E726-202, E725-102, E726-302, E725-402, E726-402, E725-202, E726-502, E715-2, E714-2

F18:E723-18, E726-118, E725-18, E726-218, E725-118, E726-318, E725-418, E726-418, E725-218, E726-518, E715-18, E714-18

W2:W715-502, W714-502, W725-202, W726-302, W725-102,W726-202, W725-402,W726-502, W726-402,W723-102,W726-102, W725-302

W7:W723-107, W726-107, W725-107, W726-207+W725-207, W726-307, W725-307, W726-407, W725-407, W726-507, W715-507, W714-507

生首のE723-18や銀色のシートにくるまれたE7の台車、青色のシートにくるまれて線路の上にあるW7の台車には動きはありません。

 

1月11日長野新幹線車両センターの状況

近所に用事があり、連休最終日ですが長野新幹線車両センターを訪問してみました。写真はありません。

長野新幹線車両センターの状況

1月9日(土)朝の状況と、車両の場所は変わらずでした。

W7の状況

東京寄り 5両になった W7 もそのままです。着雪は全て落ちて奇麗な車体が覗いていました。また切り離された 6号車は、車輪転削庫建屋内収容のままです。

臨修庫奥の 9号車 W725-407, 8号車 W726-407, 7号車 W725-307 の状況も、変化はありません。

留置線の状況

 

 

本日の長野新幹線車両センターの状況は、この1月9日の状態と変わりませんでした。

f:id:imaisato:20210109123128p:plain

長野新幹線車両センター 1月9日見たままと同じ、1月11日

解体待ちと解体済みの一覧(動きなし)

現在の水没 E7 / W7 の状況です。解体された順番に並べています。赤字は解体済み、黄色字は解体中、緑字は残されている車両、解体待ちの編成は解体順に現在の編成状態で書いてあります。 (W2 がオリジナルの編成の状態と異なります。)

【解体】

F10:E723-10, E726-110, E725-10, E726-210, E725-110, E726-310, E725-410, E726-410, E725-210, E726-510, E715-10, E714-10
F7 : E723-7, E726-107, E725-7, E726-207, E725-107, E726-307, E725-407, E726-407, E725-207, E726-507, E715-7, E714-7

F14:E723-14, E726-114, E725-14, E726-214, E725-114, E726-314, E725-414, E726-414, E725-214, E726-514, E715-14, E714-14

F8 : E723-8, E726-108, E725-8, E726-208, E725-108, E726-308, E725-408, E726-408, E725-208, E726-508, E715-8, E714-8

F16:E723-16, E726-116, E725-16, E726-216, E725-116, E726-316, E725-416, E726-416, E725-216, E726-516, E715-16, E714-16

F1:E723-1, E726-101, E725-1, E726-201, E725-101, E726-301, E725-401, E726-401, E725-201, E726-501, E715-1, E714-1

F2:E723-2, E726-102, E725-2, E726-202, E725-102, E726-302, E725-402, E726-402, E725-202, E726-502, E715-2, E714-2

F18:E723-18, E726-118, E725-18, E726-218, E725-118, E726-318, E725-418, E726-418, E725-218, E726-518, E715-18, E714-18

W2:W715-502, W714-502, W725-202, W726-302, W725-102,W726-202, W725-402,W726-502, W726-402,W723-102,W726-102, W725-302

W7:W723-107, W726-107, W725-107, W726-207+W725-207, W726-307, W725-307, W726-407, W725-407, W726-507, W715-507, W714-507

 

気になる今後の車両解体スケジュール

長野新幹線車両センターのある赤沼では、積雪も大したことなく日中の気温で雪も融けるため、朝少しの雪掻きさえしていれば車両の解体自体は建屋内で行われるので、雪の影響はありません。ただ先週からの日本海側の大雪の影響により、ハリタ金属射水リサイクルセンターに解体車体を搬送することができるかが気になっており、今日現在で上信越自動車道妙高高原ICから北陸自動車道滑川の間は通行止めになっているので、水曜日にトラックが来られる状況にならなければ、スケジュールにも影響が出るかもしれません。その場合は、全体的にあと送りになるのではないかと思っています。

1月9日長野新幹線車両センターの状況

大雪と言われていたのですが、雪が降っていないので長野新幹線車両センターを訪問してみました。

長野新幹線車両センターの状況

明け方は留置線がいっぱいですが、その時間はスマホでの撮影が厳しいので、日が昇ってきてからの撮影です。外部の照明や車内灯、前尾灯も点灯し、活気ある長野新幹線車両センターが戻ってきました。

f:id:imaisato:20210109131203j:plain

夜明けの長野新幹線車両センター

W7の状況

今回は車輪転削庫近辺から。6号車が切り離されて消えています。

f:id:imaisato:20210109125250j:plain

W7 長野寄り5両、奥からW723-107, W726-107, W725-107, W726-207+W725-207

これが1月6日水曜日の写真です。わかりにくいかもしれないですが、中央少し左の建屋の所にあった6号車が消えているのが、写真の比較でわかるかと思います。

f:id:imaisato:20210106162554j:plain

W7 長野寄り6両、奥からW723-107, W726-107, W725-107, W726-207+W725-207, W726-307

留置線側から見ても、5両になったのがわかります。

f:id:imaisato:20210109131445j:plain

右端に写る W7 の長野寄り5両

その6号車W726-307 は奥の5両から切り離されて、車輪転削庫内に多分アントとつながれて留置されています。写真では非常にわかりにくいのですが、6号車の屋根上が隙間から見えます。

f:id:imaisato:20210109125045j:plain

W726-307

この角度からは車両の在線はわかりません。

f:id:imaisato:20210109131635j:plain

車輪転削庫

6号車が切り離されましたが、そのほかの5両の動きはありません。予想通り、1両づつ切り離しして、次の解体行の車両は車輪転削庫にアントといっしょに収容という形のようです。建屋内収容なら雪でドアなどが凍ったりしないので、適切な措置かなと思いました。

f:id:imaisato:20210109124833j:plain

W723-107

臨修庫奥は、9号車 W725-407, 8号車 W726-407, 7号車 W725-307 の 3両に変わりました。

W725-407はいよいよ車体解体待ちになっています。

f:id:imaisato:20210109124641j:plain

W725-407

W726-407は、窓ガラスが外されていました。3連休があるので作業が早めのような気がします。

f:id:imaisato:20210109124356j:plain

W726-407

7号車のW725-307は車内の撤去中。夜間など人の居ない時には妻面の隠し扉を閉めています。

f:id:imaisato:20210109124251j:plain

W725-307

これでE7系 / W7系で形あるのは、車輪転削庫線にある残り6両になりました。

f:id:imaisato:20210109124200j:plain

W725-407, W726-407, W725-307

留置線の状況

検修庫も使っているのでどのように留置しているかは早朝に行かないとわかりません。ただ、線路の状況を見ていると、1番線~5番線はまだ使っていなくて留置は6番線~11番線のまま、そして検修庫側には8番と11番を使ったようなので、昨日の東北新幹線のつららでの運転不能もあったことから、早朝の列車は一度検修庫に収容して点検した後に出庫しているのかなと思ったりしました。実際はどうなのかわかりませんが。

f:id:imaisato:20210109123611j:plain

留置線みたまま

朝の検修庫は3線とも扉を開けています。検修庫から全ての列車が出庫した後、検修庫の扉は閉じられます。

f:id:imaisato:20210109131848j:plain

出庫直前の検修庫

このように、検修庫からの出庫しています。1番線と2番線は空いていて3番線からの出庫です。

 

f:id:imaisato:20210109123455g:plain

検修庫からの出庫

現在の長野新幹線車両センターの状況はこのような感じです。

f:id:imaisato:20210109123128p:plain

長野新幹線車両センター 1月9日見たまま

解体待ちと解体済みの一覧

現在の水没 E7 / W7 の状況です。解体された順番に並べています。赤字は解体済み、黄色字は解体中、緑字は残されている車両、解体待ちの編成は解体順に現在の編成状態で書いてあります。 (W2 がオリジナルの編成の状態と異なります。)

【解体】

F10:E723-10, E726-110, E725-10, E726-210, E725-110, E726-310, E725-410, E726-410, E725-210, E726-510, E715-10, E714-10
F7 : E723-7, E726-107, E725-7, E726-207, E725-107, E726-307, E725-407, E726-407, E725-207, E726-507, E715-7, E714-7

F14:E723-14, E726-114, E725-14, E726-214, E725-114, E726-314, E725-414, E726-414, E725-214, E726-514, E715-14, E714-14

F8 : E723-8, E726-108, E725-8, E726-208, E725-108, E726-308, E725-408, E726-408, E725-208, E726-508, E715-8, E714-8

F16:E723-16, E726-116, E725-16, E726-216, E725-116, E726-316, E725-416, E726-416, E725-216, E726-516, E715-16, E714-16

F1:E723-1, E726-101, E725-1, E726-201, E725-101, E726-301, E725-401, E726-401, E725-201, E726-501, E715-1, E714-1

F2:E723-2, E726-102, E725-2, E726-202, E725-102, E726-302, E725-402, E726-402, E725-202, E726-502, E715-2, E714-2

F18:E723-18, E726-118, E725-18, E726-218, E725-118, E726-318, E725-418, E726-418, E725-218, E726-518, E715-18, E714-18

W2:W715-502, W714-502, W725-202, W726-302, W725-102,W726-202, W725-402,W726-502, W726-402,W723-102,W726-102, W725-302

W7:W723-107, W726-107, W725-107, W726-207+W725-207, W726-307, W725-307, W726-407, W725-407, W726-507, W715-507, W714-507

解体の手が入っていないのは残り 6両。先が見えてきました。また、生首のE723-18や銀色のシートにくるまれたE7の台車、青色のシートにくるまれて線路の上にあるW7の台車には動きなく、生首前には雪が積まれ、台車は雪にうずもれていました。

 

1月6日長野新幹線車両センターの状況

近所を通ったので、少しですが新年初の長野新幹線車両センターを訪問してみました。

長野新幹線車両センターの状況

検修庫の使用開始に伴い、留置車両が転動して営業車に影響が出ないように、生きている線につながる線には車両を留置しないようになったみたいです。いつもなら必ず1両留置していた検修庫脇の引き上げ線には、車両もアントも置いてありませんでした。

そして、いつも渡り線手前に次の解体対象を留置していたのですが、こちらもそのまま転動すると渡り線経由で営業車に支障してしまうので、車輪転削庫より奥にだけ留置するようになっています。

生首のE723-18や銀色のシートにくるまれたE7の台車、青色のシートにくるまれて線路の上にあるW7の台車には動きはありません。

W7の状況

今回は車輪転削庫近辺から。

f:id:imaisato:20210106162554j:plain

W7 長野寄り6両、奥からW723-107, W726-107, W725-107, W726-207+W725-207, W726-307

W7編成の長野寄り6両の動きはありません。7号車W725-307が臨修庫奥に押し込まれるまでは、動きはないでしょう。というのも、既に留置線全てと検修庫が使用開始になっており、奥に留置されている6両を引き出すとしても、アントを使って入替えをするには手前の 7号車と 8号車が邪魔で、それをどこかの線に一時的に置いてアントが奥に入っていくということをしたくても、その一時的に置ける線が今はありません。つまり、一本線で引き出して、V字で解体場所に持っていくしかない状態になってしまっているので、これからの W7の解体は、1両づつ持っていくスタイルになるのではないかと思います。

7号車W725-307は車輪転削庫内に、多分アントとつながれて留置されています。写真では非常にわかりにくいのですが、7号車の屋根上が隙間から見えます。

f:id:imaisato:20210106163320j:plain

7号車W725-307

全く動きのない6両。

f:id:imaisato:20210106163432j:plain

W723-107

 

臨修庫奥はW715-507が消え、10号車 W726-507, 9号車 W726-407, 8号車 W725-407 の 3両に変わりました。

f:id:imaisato:20210106163736j:plain

W726-407

f:id:imaisato:20210106163753j:plain

W725-407

f:id:imaisato:20210106163825j:plain

W726-507

もしかしたら、W715-507 は臨修庫内?と思いたくなりますが、搬出のある水曜日で既に静かなので、午前中に搬出されたものと思います。これでE7系 / W7系で形あるのは残り10両になりました。

f:id:imaisato:20210106164004j:plain

W726-507, W725-407, W726-407

 

留置線の状況

丁度検査終了後の車体洗浄をしている所に出くわしました。逆光で編成番号は読み取れませんでした。

f:id:imaisato:20210106164301p:plain

車体洗浄中

動いている E7系 / W7系を見ると、「いよいよ復活だね」と感じます。

f:id:imaisato:20210106164415j:plain

留置線の状況 真ん中は営業車、車輪転削庫奥に W7

右端にあるW7が解体され、臨修庫と車輪転削庫が修繕完了すると、すべての機能が元に戻ります。W7解体完了がこのままだと1月末か2月になるように思うので、それら建物の修繕は 3月か 4月から始まるのではないかと思います。

現在の長野新幹線車両センターの状況はこのような感じです。

f:id:imaisato:20210106165920p:plain

長野新幹線車両センター 1月6日見たまま

解体待ちと解体済みの一覧

現在の水没 E7 / W7 の状況です。解体された順番に並べています。赤字は解体済み、黄色字は解体中、緑字は残されている車両、解体待ちの編成は解体順に現在の編成状態で書いてあります。 (W2 がオリジナルの編成の状態と異なります。)

【解体】

F10:E723-10, E726-110, E725-10, E726-210, E725-110, E726-310, E725-410, E726-410, E725-210, E726-510, E715-10, E714-10
F7 : E723-7, E726-107, E725-7, E726-207, E725-107, E726-307, E725-407, E726-407, E725-207, E726-507, E715-7, E714-7

F14:E723-14, E726-114, E725-14, E726-214, E725-114, E726-314, E725-414, E726-414, E725-214, E726-514, E715-14, E714-14

F8 : E723-8, E726-108, E725-8, E726-208, E725-108, E726-308, E725-408, E726-408, E725-208, E726-508, E715-8, E714-8

F16:E723-16, E726-116, E725-16, E726-216, E725-116, E726-316, E725-416, E726-416, E725-216, E726-516, E715-16, E714-16

F1:E723-1, E726-101, E725-1, E726-201, E725-101, E726-301, E725-401, E726-401, E725-201, E726-501, E715-1, E714-1

F2:E723-2, E726-102, E725-2, E726-202, E725-102, E726-302, E725-402, E726-402, E725-202, E726-502, E715-2, E714-2

F18:E723-18, E726-118, E725-18, E726-218, E725-118, E726-318, E725-418, E726-418, E725-218, E726-518, E715-18, E714-18

W2:W715-502, W714-502, W725-202, W726-302, W725-102,W726-202, W725-402,W726-502, W726-402,W723-102,W726-102, W725-302

W7:W723-107, W726-107, W725-107, W726-207+W725-207, W726-307, W725-307, W726-407, W725-407, W726-507, W715-507, W714-507

解体の手が入っていないのは残り 7両。先が見えてきました。

 

ESXi Arm Edition をシリアルコンソール化

今回は ESXi Arm Edition をインストールした Raspberry Pi 4 をシリアルコンソール化し、ヘッドレスシステムにしてみました。

f:id:imaisato:20210104033150p:plain

ヘッドレスシステムの ESXi

ESXi のヘッドレスシステム

ESXi では昔からマウスやキーボード、ディスプレイモニター(VMware では MKS:Mouse, keyboard, Screenの略)を使わない、ヘッドレスシステムをサポートしています。このヘッドレスシステムですが、通常は特別な設定を必要とせず、条件が合致すれば自動的にヘッドレスシステムとして検出され、シリアルポートからコンソール操作ができるようになります。

ESXi のヘッドレスシステム検出時の動作

動的な通信速度の設定

ESXi では、MKS のないホストが検出されると自動的にシリアル ポートに対して COM1、115200 ボーに設定して、シリアル ポートに対してDCUI(ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス )をリダイレクトします。(最終的にシリアルポートは、Port com1, Speed 115200 Baud, Data 8bit, Parity  none, Stop-bit 1, Flow control none で通信をします。)この通信設定の情報の詳細は、SPCR (シリアル ポート コンソール リダイレクト)テーブルがある場合は、そこから値が読み込まれます。このデフォルト設定が無い場合、手動でパラメータを設定し、ヘッドレスとして指定することもできます。

 ※ESXi では速度を Baud の値が出ています。bps ではないので注意。Baud は変調の速度で、bps はデータ信号の伝送速度の単位で、実際の値は同じ場合が多いのですが、電話回線での通信のように、位相変調を使って伝送を行ったりする場合、Baud の伝送速度がbpsより高くなることがあります。

動的なモードの設定

 ESXi が動的にヘッドレスモードを検出すると、シリアルポート経由で通信を始めます。このモードをシリアルポートモードと呼びます。シリアルポートモードでは、入力されてくる文字列のシーケンスに基づき、DCUI(ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス)、シェル、GDBまたはログの各モードで動作します。4つのモードは以下のようになっています。

  • ログ モード:デバッグ ビルドのデフォルト モードで、vmkernel.log をシリアル ポートに送信
  • GDB モード:デバッグ専用の場合に使用
  • シェル モード:SSH のようなシェル ポート アクセス
  • DCUI モード:ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス

シリアルポートはデフォルトで2つのポートをサポートしていて、それぞれ1つ目のcom1にはGDBとログが、com2にはDCUI(ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス)とシェルが出力されます。

それぞれのモードはデフォルトの設定の場合、キーボードのキーシーケンスで切り替えができます。

  • ログ モード: Ctrl+G, Ctrl+B, 1
  • シェル モード: Ctrl+G, Ctrl+B, 2
  • DCUI モード: Ctrl+G, Ctrl+B, 3
  • GDB モード: Ctrl+G, Ctrl+B, ?

操作は最初に「Ctrl+G」を押し、次に「Ctrl+B」、そして最後にモード切替の 1, 2, 3, ? をキー入力します。

ログモード Syslog に書き出していれば使わない、そしてGDBモードにしてしまうと、その後はシリアルモードに対して一切の操作ができなくなる(CLIに入ってモードを強制変更しない限り、GDBモードから抜けられない。)ので、通常はDCUIモードとシェルだけで使うと思います。

なお、間違えてGDBモードにしてしまったりしたら、CLI から以下のコマンドで復旧します。

  • ログ モード: esxcfg-advcfg -s com1 /Misc/LogPort
  • シェル モード: esxcfg-advcfg -s com1 /Misc/ShellPort
  • DCUI モード: esxcfg-advcfg -s com1 /Misc/ConsolePort
  • GDB モード: esxcfg-advcfg -s com1 /Misc/GDBPort

太字の部分を適切な値、com1 / com2 / none を指定して切り替えます。先に現在のモードを無効にして、次に新しいモードを設定します。

esxcfg-advcfg –s none /Misc/LogPort

esxcfg-advcfg –s com1 /Misc/ConsolePort

このような感じです。

ESXi 側でヘッドレスシステムを設定する

そうはいっても Raspberry Pi 4 で ESXi Arm Edition を使う場合、その小さなサイズを活用して MKS を接続しないのが普通だと思います。しかし、うまく自動的に切り替わらなくて(切り替わらなかったことは無いですが・・・・)操作できなくならないように、ESXi 側も設定変更しておきます。

ESXi に vSphere Host Client でログインし、管理=>システムに移動します。

f:id:imaisato:20210104033318p:plain

管理=>システム

検索窓で VMkernel.Boot.tty1Port を指定して、キーの内容を表示します。値が default なので、キーを選択しオプションの編集をクリック、下に表示されている値から該当するものを入力します。Raspberry Pi 4は UART が 0~5 まであり、シリアルポートも設定すれば複数使えるのですが、Raspberry Pi 4 デフォルトの設定では 1つだけで com1 をのみ、そして ESXi 側はログやGDBが通常使用している tty1 が、デフォルトで com1 を使っています。これを変更して VMkernel.Boot.tty1Port を com2 に変更します。(com1 を使わせないということなので、com2 以外でもよいです。)

f:id:imaisato:20210104033651p:plain

VMkernel.Boot.tty1Port(変更前)

次に、DCUI が使用する tty2 に対しては、逆にデフォルトが com2 なので、com1 に変更します。

f:id:imaisato:20210104034212p:plain

VMkernel.Boot.tty2Port(変更前)

同じように VMkernel.Boot.gdbPort を none に

f:id:imaisato:20210104034323p:plain

VMkernel.Boot.gdbPort(変更前)

VMkernel.Boot.logPort も none に変更します。

 

f:id:imaisato:20210104034421p:plain

VMkernel.Boot.logPort(変更前)

最終的に、以下の4つの値が変更されていれば、準備は完了です。初期値はデフォルト設定の際に使われる値で、それを変更するわけです。

キー デフォルト設定 初期値 設定値
VMkernel.Boot.gdbPort default com1 none
VMkernel.Boot.logPort default com1 none
VMkernel.Boot.tty2Port default com2 com1
VMkernel.Boot.tty2Port default com2 com1

これだけで、ヘッドレスシステム化(シリアルコンソール化)は出来上がりです。

私の場合、念のために boot 時にこの設定が反映されるよう、boot.cfgにも以下のパラメータを追加しています。

ファイルの場所:/bootbank/BOOT.CFG

修正内容: kernelopt にオプション gdbPort=none logPort=none tty2Port=com1 を追記
修正前

kernelopt=FeatureState.bnxtroce_unstable=enabled autoPartition=FALSE FeatureState.nmlx5_rdma_unstable=enabled FeatureState.bnxtnet_unstable=enabled FeatureState.ena_unstable=enabled FeatureState.nmlx5_core_unstable=enabled

修正後

kernelopt=FeatureState.bnxtroce_unstable=enabled autoPartition=FALSE FeatureState.nmlx5_rdma_unstable=enabled FeatureState.bnxtnet_unstable=enabled FeatureState.ena_unstable=enabled FeatureState.nmlx5_core_unstable=enabled gdbPort=none logPort=none tty2Port=com1

これで起動時にGDBとログを使わずに、DCUI を com1 に出せるになりました。

ヘッドレスシステム ESXi Arm Edition の画面キャプチャ

いつもの DCUI

f:id:imaisato:20210104040549p:plain

DCUI ログイン画面

System Customization 画面

f:id:imaisato:20210104040723p:plain

System Customization 画面

画面表示はみんな一緒

f:id:imaisato:20210104041326p:plain

他の操作画面

コマンドラインシェルモード

f:id:imaisato:20210104041538p:plain

シェルモード

ログイン後の画面

f:id:imaisato:20210104041717p:plain

最後の行は表示切れているけれど、すべての表示はされている

Raspberry Pi 4 の設定

Raspberry Pi 4 側の設定は、raspi-config コマンドを使ってシリアルポートを有効にするだけです。Raspberry Pi OS で Raspberry Pi 4 を起動し、コマンドプロンプトから

sudo raspi-config

コマンドを実行し、5 Interfacing Options=> P6 Serial でシリアルポートを有効にするだけです。これで再起動すれば Raspberry Pi 4 はシリアルコンソールが使えるようになります。

Raspberry Pi 4 からシリアルポートを取り出す

Raspberry Pi 4 では複数の 3.3V シリアルポートを GPIO ピンから取り出すことができます。そして、それぞれ別々の設定で動作させることができます。(UART0~UART5)

 しかし、シリアルポートを有効にして使えるのは一つだけ、UART1 の mini UART だけです。他はごにょごにょしないと使えません。(UART0 は Bluetooth につながっています。)

UART1 は GPIO の以下のピンと接続されています。

  • TXD GPIO 14 => 8番ピン
  • RXD GPIO 15 => 10番ピン

詳細のピン配置は以下を参照してください。

www.raspberrypi.org

つまり、シリアルポートとして取り出すには、この2つのピンと Grand を取り出せば OK です。

シリアルポートを取り出すアダプタは、以下のものを使いました。他にも同等の Raspberry Pi 4 で使えるものが出ているので、お気に入りのものを使うとよいと思います。

Amazon.co.jp: GAOHOURaspberry Pi ラズベリーパイ用の USB-TTLシリアルコンソールのUSB変換COMケーブルモジュールのケーブル: 家電・カメラ

ただ、このアダプタも使用しているものは PL2303HX なので、いつ使えなくなるかわかりません。できれば FTDI 対応のものを使うことをお勧めします。同じようなタイプで PL2303 のものや CH340 のものもあるのですが、それぞれ正規チップではなくてコピー品の互換チップのものが多く出回っています。互換チップだと Windows 10 などでは動作しない&チップベンダーのドライバからもはじかれるので、チャレンジせずに動作実績のあるものを選択するのが良いと思います。正規品は Windows 10 で何もしなくても認識されます。
なお、PL2303HX などの互換チップを買ってしまった場合は、PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1.5.0 のような古いドライバを適用すると動きます。ベンダーサポート対象外なのでリンクは載せませんが、探してみれば見つかるかもしれません。

接続はこのアダプタであれば白い線を8番ピンに、緑の線を10番ピンに、黒い線はいずれかのGrandに、そして赤い線は使いません。そして、USB 側は PC に接続するだけで使用できるようになります。

f:id:imaisato:20210105171318j:plain

接続例:8番、10番そして14番を使っています。(6番Grandはファンが使っているので)

これだけで、ヘッドレスシステムの ESXi 出来上がりです。この記事では ESXi Arm Edition をヘッドレスシステム化する例として書きましたが、この内容はそのまま x86 の ESXi でも利用できます。KVM 使ってマウス、キーボード、モニターを切り替えている環境から、全てシリアルポートで管理するシンプルな構成に変えてみるのも面白いかもしれないですね。私は次にシリアル<=>Ethernet変換アダプタを使って、LAN経由でコントロールするようにしていく予定です。

おまけ

購入したけれど使っていなかった Chromebookをシリアルコンソールサーバーにしました。

f:id:imaisato:20210105200133p:plain

Chromebook をシリアルコンソールサーバにした

/dev/ttyUSB0 ~ USBハブでシリアルコンソールケーブルをつないだ分だけ管理ができるので、これでようやく Chromebook も有効活用できそうです。

解体された E7系/W7系の先頭車他、昨年のトピック

明けましておめでとうございます。新年初めての記事として、今まで解体された E7系および W7系の先頭車の写真をまとめてみました。最初の頃は災害復旧と火事場泥棒対策の警察の巡回も厳しかったため行くのを避けていました。そして、水害半年後の5月以降から訪問及び写真を撮影するようにしてきていますので、3月初旬に解体完了した F10、そしてその後に解体が始まった F7のグランクラスの3両の写真はありません。撮影できているのは E723-10 以外の 6両と W723 2両、E714は 5月前に解体完了している -7, 10, -14 の撮影ができませんでした。また全部 iPhone での撮影なので、撮影場所の都合でまともな写真じゃないのもありますが、とりあえず撮影できている先頭車両の写真をまとめました。

なお、W7 の W723-107 はまだ解体されていませんので、現状の写真のまま掲載しています。

E714 / W714 グランクラス

E714-1

f:id:imaisato:20201219221145j:plain

E714-1

E714-2

f:id:imaisato:20201219221207j:plain

E714-2

E714-7

撮影できず

 E714-8

f:id:imaisato:20201219221222j:plain

E714-8

E714-10

撮影できず

E714-14

撮影できず

 E714-16

f:id:imaisato:20201219221343j:plain

E714-16

E714-18

f:id:imaisato:20201219221403j:plain

E714-18

W714-502

f:id:imaisato:20201219221420j:plain

W714-502

W714-507

f:id:imaisato:20201219221435j:plain

W714-507

E723 / W723

E723-1

f:id:imaisato:20201219221522j:plain

E723-1

 E723-2

f:id:imaisato:20201219221545j:plain

E723-2

E723-7

f:id:imaisato:20201219221608j:plain

E723-7

 

 E723-8

f:id:imaisato:20201219221622j:plain

E723-8

E723-10

撮影できず

E723-14

f:id:imaisato:20201219221639j:plain

E723-14

E723-16

f:id:imaisato:20201219221723j:plain

E723-16

E723-18

f:id:imaisato:20201219221739j:plain

E723-18

W723-102

f:id:imaisato:20201219221800j:plain

W723-102

W723-107

f:id:imaisato:20201220004801j:plain

W723-107

特徴的な動きがあった2両

特徴的な動きがあった、F7 の E723-7 と E723-18 の 2両です。

E723-7

f:id:imaisato:20201219221854j:plain

E723-7 長期留置場所に移動したとき

f:id:imaisato:20201219221924j:plain

E723-7 置きっぱなし

f:id:imaisato:20201219221947j:plain

E723-7 解体中

E723-18

f:id:imaisato:20201219222345j:plain

E723-18 解体中

f:id:imaisato:20201219222444j:plain

E723-18 切り落とし断面

f:id:imaisato:20210101013224g:plain

吊り上げ

f:id:imaisato:20201219222547j:plain

E723-18 カバーをかけて吊り上げてトレーラーへ

f:id:imaisato:20210101013453g:plain

積み込み

f:id:imaisato:20201219222010j:plain

E723-18 構内移動

f:id:imaisato:20210101012550g:plain

トレーラーで移動

f:id:imaisato:20210101012706g:plain

カーブはゆっくりと

f:id:imaisato:20201219222630j:plain

E723-18 トレーラーから降ろして設置

f:id:imaisato:20201219222718j:plain

E723-18 雪の中

 E7 系の台車

f:id:imaisato:20201220004928j:plain

E7系の台車 1セット

f:id:imaisato:20201220005003j:plain

E7系の台車アップ

W7系の台車

f:id:imaisato:20201220005103j:plain

W7系の台車 1セット

搬出車体

E714-1

けっこう凸凹に積んでいる

f:id:imaisato:20201220005654j:plain

真ん中に方向幕部と右にE7系ロゴ

f:id:imaisato:20201220005746j:plain

手前は車体の肩の部分

E725-18

奇麗に積んでいる

f:id:imaisato:20201220010325j:plain

手前は車体の肩の部分

f:id:imaisato:20201220010406j:plain

屋根の肩の部分が多い

車両避難訓練

f:id:imaisato:20201220005948j:plain

JR関係者の送迎バス

f:id:imaisato:20201220010006j:plain

訓練列車の出発を撮影中

f:id:imaisato:20201220010055j:plain

訓練編成の F13 が 6番線に

 復活した長野新幹線車両センター

水没後、一番手前で車両を入換ながら車両の点検中

f:id:imaisato:20210101005734j:plain

F2の入替え中。2番線は F1で 1番線は W7

窓と扉の撤去

f:id:imaisato:20210101005431j:plain

仕業交番検修庫の窓とドアの取り換え

中の工事

f:id:imaisato:20210101005123j:plain

仕業交番検修庫内の工事

正面扉の工事

f:id:imaisato:20210101004901j:plain

正面扉辺りに足場をかけて工事

復活直前の、洪水対策を済ませた仕業交番検修庫

f:id:imaisato:20210101004544j:plain

架線死活表示器は「切」

復活直前の、仕業交番検修庫

f:id:imaisato:20210101004639j:plain

架線死活表示器は「入」

検査開始後の、仕業交番検修庫

f:id:imaisato:20210101004721j:plain

仕業交番検修庫のドアオープン

f:id:imaisato:20210101004755j:plain

仕業交番検修庫に活気が戻ってきた

 

12月29日長野新幹線車両センターの状況

御用納め後の、長野新幹線車両センターを訪問してみました。

長野新幹線車両センターの状況

流石に御用納めの後は何もしていませんでしたが、先週の12月26日に訪問した際に渡り線手前に置いてあった 2両、7号車 W726-307 と 8号車 W725-407 が、車輪転削庫内に収容されていました。但し、車輪転削庫の収容できる長さが 1両分なので、7号車は半分外に出ています。

f:id:imaisato:20201229202029j:plain

外に出ている W726-307

残りは建屋内、

f:id:imaisato:20201229202125j:plain

建屋の隙間から見える W725-407 の屋根

アントを見かけることができなかったのですが、もしかしたらこの8号車の前に転動防止のストッパーを兼ねて収容されているかもしれません。

 

W7の状況

臨修庫奥の 11号車 W715-507, 10号車 W726-507, 9号車 W726-407 の状況は変わらず。

f:id:imaisato:20201229202918j:plain

W725-407 の外された扉もそのまま

f:id:imaisato:20201229203131j:plain

W725-407

W726-507 はガラスもそのまま残り、

f:id:imaisato:20201229203030j:plain

W726-507

写真ではわからないですが、W715-507 も変わらずです。

f:id:imaisato:20201229203245j:plain

W715-507

もしかしたら、W714-507 は臨修庫内?と思いたくなる光景です。残りの6両、W723-107, W726-107, W725-107, W726-207, W725-207, W726-307 は写真を撮影しませんでしたが、車輪転削庫奥にそのまま置いてあります。

 

留置線の状況

朝はぎっしりの留置線は、日中は全てで払っていて閑散としています。水害発生前には近所に来ても全く訪問しなかったのは、このように車両を見ることができなかったからですね。右奥に留置状態の W7 6両が見えます。

f:id:imaisato:20201229203440j:plain

日中の留置線

f:id:imaisato:20201226083837j:plain

早朝深夜の留置線(12/26撮影)

現在の長野新幹線車両センターの状況はこのような感じです。

f:id:imaisato:20201229202742p:plain

長野新幹線車両センター 12月29日見たまま

いつもは解体待ちの車両が置いてある場所も、奇麗さっぱり車両無し。

f:id:imaisato:20201229203714j:plain

検修庫側

年末年始はこの状態ですね。

 

解体待ちと解体済みの一覧

現在の水没 E7 / W7 の状況です。解体された順番に並べています。赤字は解体済み、黄色字は解体中、緑字は残されている車両、解体待ちの編成は解体順に現在の編成状態で書いてあります。 (W2 がオリジナルの編成の状態と異なります。)

【解体】

F10:E723-10, E726-110, E725-10, E726-210, E725-110, E726-310, E725-410, E726-410, E725-210, E726-510, E715-10, E714-10
F7 : E723-7, E726-107, E725-7, E726-207, E725-107, E726-307, E725-407, E726-407, E725-207, E726-507, E715-7, E714-7

F14:E723-14, E726-114, E725-14, E726-214, E725-114, E726-314, E725-414, E726-414, E725-214, E726-514, E715-14, E714-14

F8 : E723-8, E726-108, E725-8, E726-208, E725-108, E726-308, E725-408, E726-408, E725-208, E726-508, E715-8, E714-8

F16:E723-16, E726-116, E725-16, E726-216, E725-116, E726-316, E725-416, E726-416, E725-216, E726-516, E715-16, E714-16

F1:E723-1, E726-101, E725-1, E726-201, E725-101, E726-301, E725-401, E726-401, E725-201, E726-501, E715-1, E714-1

F2:E723-2, E726-102, E725-2, E726-202, E725-102, E726-302, E725-402, E726-402, E725-202, E726-502, E715-2, E714-2

F18:E723-18, E726-118, E725-18, E726-218, E725-118, E726-318, E725-418, E726-418, E725-218, E726-518, E715-18, E714-18

W2:W715-502, W714-502, W725-202, W726-302, W725-102,W726-202, W725-402,W726-502, W726-402,W723-102,W726-102, W725-302

W7:W723-107, W726-107, W725-107, W726-207+W725-207, W726-307, W725-307, W726-407, W725-407, W726-507, W715-507, W714-507

今年の解体作業は終了のようで、次の動きは御用始めの 1月4日以降ですね。